スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車で巡る朱印集めの旅・・


3月末から始まっている広島県主催、「ひろしま さとやま未来博2017」

その民間部門の企画に瀬戸内サイクルメディアがエントリーしているのが、


瀬戸内 輪遊(りんゆう)プロジェクトです。




  チラシ




輪遊(りんゆう)とは・・ 自転車で周遊するという意味の造語です。



自転車で瀬戸内沿岸を含む中山間地域を巡り、

朱印を集めるという新しい文化の定着を目指します。




 【イメージはお遍路さん】





輪遊を始めるには、まず 「輪遊帳」 を購入していただきます。


輪遊帳とは、いわゆる朱印帳です。



自転車旅をイメージした和柄の製本で、専用のビニールカバー付き。

サイクルジャージのバックポケットにピッタリのサイズです。




IMG_5302.jpg




ページは和紙かがり閉じで、朱印を押しやすい開きになります。

この輪遊帳の規格には、時間をかけて試行錯誤を繰り返しました。




  IMG_5303.jpg




広島県内と一部周辺に設置された朱印は全部で20ヶ所。

道の駅や観光施設など、地域の情報発信とサイクルステーションになりうる場所を選びました。




朱印のデザインは全て違っており、

その地域の象徴的な物や風景をモチーフにデザインしてあります。




DSC04958.jpg




このデザインにも相当な時間をかけ、納得のいくモノが出来上がりました。

どこにどんなデザインがあるかは、訪れてみてのお楽しみです。




  IMG_5335.jpg




朱印収集はいつでもどこからでも、好きな時に好きなところから始められ、

集める順番も自由です。



期限もありませんので、ご自分に合ったプランとペースでじっくりと楽しんでいただけます。

もちろん、ひろしま さとやま未来博2017が終了したあとも継続していきます。




IMG_5299.jpg




輪遊帳の使い方は全くの自由で、朱印を押した横に旅の記録や詩などを書きこむもよし、

絵を描いたり写真を貼り付けたりするのもよしです。




輪遊によって訪れる地域の魅力に触れていただき、是非あなただけの旅の思い出を刻んで下さい。




hr16_0047.jpg




全ての朱印を集めると、完走証と記念品を進呈します。

くわしくはこちら↓↓↓
http://npo-scm.wixsite.com/setouchi/blank-4





さとやま未来博では、 県のシンボルプロジェクトとして、

さとやまソーシャルライド」 が同時進行しておりますが、


さとやまソーシャルライドはアプリを使ったデジタルな楽しみを

瀬戸内輪遊プロジェクトは輪遊帳が充実していくアナログな楽しみを


それぞれ提案しております。




両方を楽しめば、いっそう自転車旅が充実すること請け合いですよ。



さとやまソーシャルライド
http://satoyama-mirai2017.jp/social-ride.html







更に、輪遊はまだ骨格ができているに過ぎません。


輪遊が文化として定着していけば、対象地域での自転車旅が更に楽しく便利に充実していきます。

それは しまなみ海道の発展を見ていただければおわかりかと思います。



更に更に、 今後朱印ポイントを増やしていき、

ゆくゆくは瀬戸内7県すべてが対象地域となることを目標にしています。




進化していく瀬戸内輪遊プロジェクトにご期待下さい。




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。