簡単!バーテープ掃除


ドロップハンドルなどに巻いてあるバーテープ。

色やデザインも様々で、自転車の印象を左右するパーツですね。




でも使い込んでいると段々汚れてきませんか?



これを嫌って明るい色を避けている人も多いはず。







そこで今回は誰でも簡単に出来る掃除方法をご紹介しましょう。




一般によく聞く掃除方法は、中性洗剤をしみこませて拭くとか、

練り消しゴムで根気よく落とすとかいう方もいらっしゃいますが、


どちらもめんどうなやり方です。( ´Д`)




ではどうするか?






まず走行後の状態を見てみましょう。

これは100km程度走ったあとの状態です。



写真が暗くてわかりづらいかもしれませんが、

青〇で囲ったよく握る部分が黒ずんでいますね。




DSC01284.jpg




私はカラーグリップカバーを使っているので汚れが歴然ですね。 ^^;

手垢に加えて、どこかに立てかけた時の汚れもついています。




DSC01283.jpg




これらを固くしぼった雑巾でこじるように拭いていきます。


何と、たったこれだけです。(笑)




DSC01286.jpg




私はこれを常にやっているので あまり差が感じられないかも知れませんが、

汚れが落ちているのがわかりますでしょうか?




DSC01288.jpg




こちらは一目瞭然。

ホワイトでよかった。(笑)




DSC01287.jpg




これを毎走行後に行うだけ・・。

時間にして1~2分というところでしょうか。



ね。 簡単でしょ? (^^)







ただし放置しすぎた汚れはさすがに落ちにくいです。

特に文字など凹凸がある部分の頑固な汚れは落ちません。


が、それでも画期的にキレイになるハズです。





汚れるのを嫌って明るい色のバーテープを避けていた人も、

これで好きなのを選べますね。 (^_-)-☆



グリップカバーも色んな色が出てますから、コーディネイトするのもおススメですよ。






私はバーテープの汚れは、味わいのひとつとも思うのですが、

常にキレイにしておきたい人は是非おためし下さいね。 (^_-)-☆





スポンサーサイト