スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイヤに亀裂が!


サイクリングやジテ通から帰宅したら、

硬く絞ったぞうきんでタイヤを拭くことをおススメします。




そうすることによって室内保管が清潔なだけでなく、

タイヤチェックも行えます。



前後のタイヤを拭いても、1分とかからないでしょう。

これだけでタイヤトラブルはほとんど防げます。




清掃は1番のメンテナンスなのです。




DSCF7040.jpg




そしてタイヤに亀裂を発見したら、

以前の私は瞬間接着剤を使っていました。



そうすることによって小さな亀裂であれば補修が可能です。





ただし、瞬間接着剤は固まると硬くなります。

例えるとタイヤにクサビが打ち込まれているようなものです。



それによって再パンクしたという話は聞いたことがないのですが、

ありえないことではありません。




  IMG_4065.jpg




そんな心配を無用にしてくれる代用品がコレ。

百均でも手に入る、靴の補修材です。




  IMG_4064.jpg




これならば固まってもゴムの硬さとそんなに変わらない質感を保ち、

先述の心配は無くなります。



出先での素早い補修には瞬間接着剤が有効ですが、

家での補修であれば是非コチラをおススメします。



裏まで貫通しているキズは、小さなものなら

更に裏から専用パッチを貼ればOK。
(※チューブ用のイージーパッチは膨らむので不可です)



知っている人は既にやっている、ちょっとしたメンテ知識でした。





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。