スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気を付けたいウェアの洗濯


皆さんはジャージなどの洗濯、どうされてますか?




サイクルウェアは丈夫なので、塩素系漂白剤と乾燥機さえ使わなければ、

普通に洗濯器で洗って大丈夫です。



ただし、ファスナーは上まで閉めないと、生地の損傷を招く事があります。





また気を付けたいのがマジックテープ。


グローブなどによく採用されてますが、これと一緒に洗うと生地の表面が毛羽立ったりして傷みます。




20100913_1722647.jpg





これらは分けてネットに入れる事によって、ジャージやパンツが長持ちします。







雨天の走行などでこびりついてとれない汚れは、

早めに酵素系漂白剤をつけて歯ブラシなどで優しく根気よく擦ると、びっくりするほど落ちますよ。





干す時に使うハンガーは金属にテープが巻いてあるモノは避けましょう。

使い古したモノは、金属部分が表に出て錆びている場合があります。




これが生地に癒着してしまうと、とれなくなる事があります。

干す場所も日陰で生地を裏にすると色アセを防止出来ます。





特にオーダージャージは再注文しない限り、二度と手に入りません。


貴重なチームジャージなどは気を付けて大切にしたいですね。




DSCF0238.jpg





スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。