スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

万葉ひまねきライド2017を開催しました!


去る3月12日、倉橋島を舞台としたサイクリングイベント、

音戸・倉橋サイクリング宝島 「万葉ひまねきライド2017」 を開催しました。




1稿




イベント当日はお天気にも恵まれ、絶好のサイクリング日和の下、

たくさんの方にご参加いただき、大きなトラブルもなく無事終了することができました。




参加いただいた皆様、 開催に際してご尽力いただいた全ての皆様に感謝申し上げます。




17238486_1817712298482450_1872597806_n.jpg




初開催ということもあり、色々と至らない点もあったかと思いますが、

良い事は継続し、反省点は改善して地域に根付いたイベントに成長させたいと思います。





イベントは参加者の足並みに合わせて スタンダードエキスパートファミリー

3つのコースをご用意。




17321300_392771614441120_1426196912_n.jpg




アップダウンの多いコースですが、風光明媚な倉橋島の魅力を

堪能していただけたのではないかと思います。




17321403_392773331107615_61775115_n.jpg




エキスパートコースでは傾斜のキツイ火山(ひやま)へのヒルクライムもあり、

山頂の大岩まで歩いて登頂された参加者の方から感動コメントもいただきました。




17236812_1297749596968173_2042397228_o.jpg




中でも話題になったのがエキスパートコースに参加した9歳の男の子。

何と火山ヒルクライムを含む全行程を完走して周囲を驚かせました。




17270101_392774061107542_2037347526_n.jpg




大人でも厳しいコースに小学生がエントリーできるようにした訳は、

過去のイベントでの経験と反省から、

走れる見込みがあるのにチャレンジする可能性を奪わないためでした。




そのために高校生以下の未成年者には大人の伴走者を必須とし、

更にチェックポイントを規定の時間内に通過できなければ

ショートカットコースに周ってもらうという二段構えで対応したのですが、




完走できたのは本人のガッツと、 伴走スタッフのサポートと機転によるものと

感謝の意と称賛を送りたいと思います。




17274227_1075092612595442_481091039_n.jpg




当日のグルメ情報もお伝えしますね。


昼食はイベント特製の「万葉弁当」を地元の坪井商店さんにお願いしました。
https://tabelog.com/hiroshima/A3404/A340401/34019434/




倉橋と言えば大粒の牡蠣が旬ですが、アレルギー対策で泣く泣くカット。

しかしそれを補って余りあるほど彩りのいいお弁当を作っていただき、味もボリュームも大満足♪




17191427_1880242972256747_8280218239650328029_n.jpg




エイドステーションで振舞われた あんもち と レモンケーキは、

地元の老舗和菓子屋さん、住田屋製菓さんで普段も購入いただけます。




DSC03779.jpg




特にあんもちは午前中には売り切れるほどの人気商品。

場所も早瀬大橋に近いので、補給箇所にピッタリですね。
http://sumidaya.com/store/




F1000018.jpg




その他、鹿老渡、鹿島ではボランティアガイドの皆様にお世話になり、

要所要所で地元の皆様にありがたいサポートをいただきました。



また次回、笑顔で開催できますよう、スタッフ一同取り組んでまいりますので、

今後ともよろしくお願いします。



本当にありがとうございました。m(_ _)m




IMG_4805.jpg






スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。